Top >  セルライトの基礎知識 >  セルライトができるメカニズム

セルライトができるメカニズム

ステップ1  リンパの流れが停滞する

セルライトができる大基の根源が、このリンパの流れが停滞することです。
主な原因として次のようなことが考えられます。
・女性特有のホルモンバランスの崩れ(妊娠など)
・ストレス
・不規則な食生活
・運動不足
・老化

ステップ2  冷え性、むくみ、血行不良が起こる

リンパの流れが停滞することが原因で体に現れる変化が、冷え性、むくみ、血行不良などです。
逆に言えば、冷え性、むくみ、血行不良などが起こることで、あたなの体がリンパの流れが停滞していることのサインを送ってくれているということです。

ステップ3  脂肪のまわりに老廃物が溜まってセルライトができる

冷え性、むくみ、血行不良が起こると、セルライトができやすい状態です。
特にセルライトができやすい、お尻や太もも周りが冷たくなっていたら、いつセルライトができてもおかしくない状態です。
既にできている可能性も大です。

ステップ4  脂肪細胞同士がくっついたり肥大化し、さらにセルライトが大きくなる

セルライトができても、そのまま放っておくとセルライトはドンドン大きくなります。
さらに大きなデコボコのセルライトがあなたを襲います。

ステップ5  セルライトが原因で、さらに冷え性、むくみ、血行不良が起こる

セルライトは老廃物のかたまりですから、セルライトができるとさらに冷え性、むくみ、血行不良の原因となります。

         

セルライトの基礎知識

関連エントリー

セルライトとは
セルライトができるメカニズム
セルライトと脂肪の違い
セルライトの主な原因
セルライトができやすい環境
セルライトをできにくくする予防方法