Top >  セルライトの基礎知識 >  セルライトをできにくくする予防方法

セルライトをできにくくする予防方法

セルライトができやすい原因は、こちらのページで説明したとおりです。

セルライトができやすい原因が分っているならば、セルライトをできにくくする予防方法は見えてきます。

セルライトができやすい主な原因は「冷え性」、「むくみ」、「血行不良」です。
これらに共通して言えることはリンパの流れが原因ということです。

リンパの流れが悪くなると「冷え性」、「むくみ」、「血行不良」が起こりやすくなります。

ですから、セルライトをできにくくするには、普段から常にリンパの流れをよくすることを心がけることです。

ここに具体的なセルライト予防方法をご紹介します。

《セルライト予防方法》
●午前中に30分以上歩く
●2時間ごとに水分を補給する
●食べ物は塩分控えめである
●お風呂で湯船に5分以上つかる
●脚を組まない

この5つを実践していれば、あなたの体はセルライトができにくい体質になります。
逆に、この5つの中に「私、やってないな。」と思う項目があれば、注意しなければならない体質と言うことになります。

普段の生活からセルライトを作らないための習慣をつけるように心がけましょう。

         

セルライトの基礎知識

関連エントリー

セルライトとは
セルライトができるメカニズム
セルライトと脂肪の違い
セルライトの主な原因
セルライトができやすい環境
セルライトをできにくくする予防方法