Top >  セルライトの基礎知識 >  セルライトの主な原因

セルライトの主な原因

■脂肪細胞周辺の血行不良
セルライトの主な原因として真っ先に挙げられるのが、脂肪細胞周辺の血行不良。立ったままの姿勢を続けていると下半身の血行が悪くなり、セルライトになりやすくなります。

■代謝機能の低下
運動不足で筋肉が少ないと、細胞に十分な栄養素が行き渡らず、次第に代謝機能がダウン。この状態が長く続くと脂肪細胞の状態が変化し、周辺を繊維が取り囲んでセルライトに。

■ホルモンバランスの崩れ
セルライトがもっとも出来やすいのは30〜50代。これはホルモンバランスの変化により代謝が低下するため。ピルの服用でホルモンバランスが崩れ、セルライトの原因になることも。

■寝不足や不規則な生活
寝不足や不規則な生活リズムはストレスとなり、自律神経の働きを乱します。すると、代謝機能が低下して、セルライトが出来やすい体質になってしまうので要注意。

■喫煙や肉中心の食生活
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血液の流れを悪くしてしまいます。また、肉中心の生活も血中コレステロールを増加させて血行を悪くし、セルライトの原因に。

         

セルライトの基礎知識

関連エントリー

セルライトとは
セルライトができるメカニズム
セルライトと脂肪の違い
セルライトの主な原因
セルライトができやすい環境
セルライトをできにくくする予防方法