Top >  セルライトの基礎知識 >  セルライトとは

セルライトとは

セルライトとは、脂肪などで出来た肌の表面にできる皮膚のデコボコのことです。
セルライトの語源は、「Cellule(細胞)+ ite(鉱物)」の合成語としてフランスで生まれたと言われている。

このセルライトの正体は、脂肪のまわりに老廃物が集まってできたものです。

セルライトが出来る原因は、太ったり、ホルモンのバランスが変化、老化することで、皮下組織が急激に増大することで起こるります。

セルライトは特に女性にできやすく、主にお尻や太もも周辺に出来ることが多いです。
また、女性は妊娠をきっかけにセルライトができやすくなる特徴もあります。
セルライトを「妊娠せん」と呼ぶこともあり、妊娠期の女性の腹部にでき易く、出産後もセルライト(妊娠せん)の痕跡が残ることもあります。

以上のことからセルライトは太ることに関係が深いと言えます。

しかし、「私はどちらかと言うと痩せているタイプだし、皮膚のデコボコなんてないから大丈夫。」と思って、油断するのは禁物です。
一説によると、現代の約8割以上の女性がセルライトを持っていると言われています。

見た目でデコボコがわかるのは、既にセルライトがかなり進行している状態ですが、セルライトは自分には自覚がないまま、いつの間にか進行し、気づいた時にはできていたという怖い存在なのです。

またセルライトには、一度できてしまうとなかなか消すことができないという、厄介な特徴も持っています。
普通にだだ太っただけであれば、単純に運動をすれば付いた脂肪を落とすことが可能ですが、そう簡単に無くなってくれないのがセルライトの怖いところです。

しかも、一度できるとどんどん増加し、さらに脂肪を蓄えるようになるというモンスターでもあります。

「私は大丈夫」と安心せずに、早速チェックしてみることをお薦めします。

         

セルライトの基礎知識

関連エントリー

セルライトとは
セルライトができるメカニズム
セルライトと脂肪の違い
セルライトの主な原因
セルライトができやすい環境
セルライトをできにくくする予防方法